So-net無料ブログ作成

フィラデルフィア美術館 / The Philadelphia Museum of Art(その2) [美術館]

フィラデルフィア美術館 では、2008年1月6日まで
特別展「RENOIR Landscapes / ルノワール風景画」を開催しています。

ルノワール(1841~1919)と言えば、印象派の代表的な画家の一人で、愛らしい少女の肖像画や、光り輝く肌感が印象的な裸婦像が頭に浮かびます。今回、「風絵画展」が開催されているということで、どのような風景画かとても興味を持って美術館に赴きました。

展覧会では初期1860年代から1880年くらいまでの風景画の作品60点が、年代別に展示されていました。

Claude Monet Painting in his Garlden at Argenteuil (1873年)

絵を描いているモネを描いた作品です。モネとルノワールは良き友人同士だったとか。モネのキャンパスにはどのような絵が描かれているのでしょうか?

The Skiff (1875年)

手前の湖面の色の青がとても美しい絵でした。オーディオガイドでは、水遊びに興じる娘たちの嬌声、オールが水を撥じく音、鳥たちのさえずり、蒸気機関車などの効果音が、絵をさらに躍動的に見せる効果を演出していました。

The Grands Boulevards (1875年)

Garden in the rue Cortot, Montmartre (1876年)

ガーベラの赤がとても映えている珠玉の作品のひとつです。

in the Woods (1877年)

この作品は上野の西洋美術館のコレクションです。秋の黄金色に染まった林の道がどこまでも続く、奥行きを感じさせる作品です。

Landscape at Wargemont (1879年)

残念ながら画面ではわかりにくいのですが、この作品は空に紫、地面はピンクを使用するなど、ルノワールにとって実験的な意味の作品だったそうです。

Arab Festival (1881年)

旅行で訪れたアルジェリアの風景です。祭りの熱気が伝わってくる作品です。

Field of Banana Trees near Algiers (1881年)

The Piazza San Marco, Venice (1881年)

透明感あふれる作品です。

The Bay of Naples (morning) (1881年)

早朝の少し霞むナポリの港町です。朝の清々しい気配が伝わってくる作品です。

The Seine at Chatou (1881年)

フランスの田舎の風景画です。春の光景でしょう。穏やかな川の流れや、瑞々しい草色からは、草花の香りが漂ってくるようでした。




この展覧会では、入場の際にオーディオガイドの貸し出しがあります。
英語なので、英語力の乏しいpiccoには無用の長物かと思いましたが、スピードはゆっくりで、効果音あり、フランス語訛の英語をしゃべるルノワールが自作を紹介する筋になっていたりと、100%理解はできないものの、作品を閲覧する大きな助けとなりました。

入場料は、22ドル(土日は24ドル)。さらに膨大な常設展も見ることができ、コストパフォーマンス的にも質の高い展覧会でした。


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 1

Shuffler

次回は中を見ないとイカンなぁ・・・
by Shuffler (2007-11-29 22:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。