So-net無料ブログ作成

ガソリン価格 [雑記]

日本ではガソリンの暫定税率復活で価格が急騰しましたが、アメリカでもガソリン価格の値上げは深刻です。

昨日の近くのガソリンスタンドでのレギュラー価格は、1ガロン 3.57ドルでした。
P1010831.JPG
これは、1ガロン=3.8リットル、1ドル=105円とすると、1リットルあたり約99円です。
※以下、「(1L=××円)」は、全て1ガロン=3.8リットル、1ドル=105円で計算してあります。あくまで参考のために記載したもので、為替レートの変動は無視しています。


この価格は日本に比べれば安いと思われるでしょうが、今週で5週連続の最高値を更新しています。
先日のニュースでは、このままではレジャーシーズンの夏には1ガロン4ドル(1L=約110円)の大台を超えるとの見通しもありました。

しかし昨日早くもカリフォルニア州の高級住宅街のマリブでは、1ガロン3.99ドル(1L=約110円)になったとのことです。
調べてみると本日時点で、

全米で最安値は1ガロン2.85ドル(1L=約79円)
最高価格1ガロン4.50ドル(1L=約124円)
平均価格1ガロン3.61ドル(1L=約100円)

夏を待たずして、全米で4ドルを突破する勢いです。

こちらで生活を始めてからのガソリン価格の推移は、
一昨年の2006年4月では1ガロン2.56ドル(1L=約70円)。
昨年2007年4月は、1ガロン2.78ドル(1L=約79円)。
今年に入り、1月は2.87ドル(1L=約79円)。2月は2.77ドル。3月末は3.02ドル(1L=約83円)。と2ドル後半をさまよいつつも、じわりじわりと上昇を続けてきました。

4月に入ってから値上がりの勢いが増して、昨日の1ガロン 3.57ドル(1L=約99円)に至ります。

この辺りでは2台以上の車を所持している家庭が多いので、このガソリンの高騰は家計に響いているようです。ましてや車が無くしては生活できないところが多いアメリカですから、影響は深刻でしょう。

3~4年前には1ガロン1ドル(1L=約27円!)くらいと、水よりも安い嘘のような値段だったそうですが、こちらに来て2ドル台からのスタートだったので3ドルを超えるまではピンときませんでした。

4月28日にはワシントンDCでトラック運転手が燃料費高騰に反発してデモを行い、翌日ブッシュ大統領は記者会見で、ガソリン税の一時凍結案と、ガソリンの国内生産の増加を奨励すると語っていました。

とある「ガソリンを節約する5つの工夫」なる記事では、時速65マイル(104キロ)で走行するより、時速55マイル(88キロ)で走行したほうが燃費が抑えられる。走行中の急な加減速は控える。アイドリングはやめる。などと当たり前なことが書かれていました。

ついでに、こちらの人々の運転マナーも少しは向上すると良いのですが・・・・

ガソリン価格の上昇に伴い、身の回りでも少しずつ変化が起きています。

いつも行くスーパーのイートイン・コーナーでスープのカップの大きさが微妙に小さくなっていたり、「10個買うと10ドルや、20ドル」、「3つ買うと1個無料」などの表示を見かけなくなりました。
毎週大量にポスト入ってきていたチラシの量が減り、最近は隔週になっていたり、バス停のバス待ちの人の数が目立つようになっていたり・・・・
洋服屋さんでもクリアランスコーナーが目立ちます。(これはうれしいことでもありますが・・)

大量消費国アメリカでも、財布の紐を固くするような危機感が浸透し始めています。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 1

Shuffler

日本ではGWを狙って(?)、また値上がりですよ!
政治家の殆どは、自腹でガソリンを買わないのだろうね。それで現実感が無いのかもしれないですね。
それに日本の場合、政治が全然ダメだから税金を上げる事ばかり考え、経済対策とか全くやらないしね~

by Shuffler (2008-05-04 23:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。